クラチャイダムは癌(がん)予防に効果があるの?

クラチャイダムは癌(がん)予防に効果があるの?

クラチャイダムは東南アジアを原産とするショウガ科の植物で、その切り口断面の色から黒ショウガと呼ばれる事もあるものです。

根である可食部に栄養素を溜め込む力が非常に強い事に加え、沖縄に持ち込まれて栽培に成功した事もあり、これを原料とするサプリメントが主に男性向け精力剤目的として販売されています。

クラチャイダムにはその栄養価から別の観点でも注目されており、その1つが癌予防効果です。

但し、クラチャイダム自身に癌細胞を劇的に退治するような成分が発見されている訳ではありません。

クラチャイダムにおいて注目されているのは精力剤としての効果の元でもある豊富なアミノ酸であり、特にアルギニンとロイシンの効果が期待されています。

アルギニンは活性酸素の除去作用、ロイシンには肝機能強化・ストレス軽減作用があるとされています。

またロイシンは必須アミノ酸であり、肉体の構築全般にも深く寄与します。

この2つのアミノ酸含有量がクラチャイダムでは他の食材に類を見ないほど多く、サプリメントとして活用する事で効率的に摂取する事が出来ます。

前述の働きから生活習慣病対策には直結するものと考えられ、結果として癌を発症し難い体作りに寄与すると考えられるのです。

また当然ながら成分が天然由来となる為、副作用の心配が少なく使い易いというのも利点と捉えられます。

20150825231908

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ